適度に不真面目なれ

 きょうは “街中スクーリング” 英会話へ行って参りました。早いものです。レベルチェックを受けたのが先月の11日で、翌週の18日のお試しレッスンも加えて、今回が5回目のレッスンでした。そして、未だにきちんとしたセンテンスは、悲しいほどに出て参りません。。。
 でもですね、先生のおかげでレッスンは毎回かなり楽しい時間になっています。とってもチャーミングな先生に当たったようです。我ながら運がいいなと、感心しているところです。

 えーっとですね、今私が試みているのは、そんなに難しいことではありません。先生の使った簡単なセンテンスや教えて頂いたWordsを、自分の実際の状況に当てはめながら覚える。そして次のレッスンで使ってみる。これが基本です。
 加えて、ご伝授頂いた簡単単語暗記法の実施。基本的な例文300(音源あり)を見て聞いて覚える。ちょっとしたことを英語で考えてみる。なんでもいいから英語での描写を試みた日記を書いてみる。これは隙間時間を英語で埋めるような感覚でやってます。簿記用語の英語版を作ったのも、これの一環でした。

 そして、「真面目になり過ぎない」というのも、私にとっては重要なポイントみたいです。どうやら私は真面目なようです。同僚にも友人にも「真面目だ」と言われたことがあります。数年前にはスクーリングで履修した英語Rの先生にも言われました。そして、きょう、「友人に真面目すぎると言われます」と英会話の先生に話したら、あっさりと同意されてしまいました。真面目なのは悪くないけど、真面目過ぎるのは良くない、と。
 私本人は、自分がそんなに真面目だなんて思っていなかったんです。どちらかというと、いい加減な方じゃないかと思いっていたんです。でも、英会話を始めてみて、会話という柔軟性と瞬発力を必要とする行為を英語で試みようとしたときの己の頭の硬直具合を鑑み、「もしかして私は真面目すぎるのかも知れない」という実感がようやっとジワリジワリと湧いてまいりました。

 真面目に英会話に取り組もうとして、適度な不真面目を要求されるシーンです。面白いですね。日本語じゃない言語を使って、手探りで新しい自分を見つけようとしているみたいです。四十を過ぎてこんな体験ができるなんて、やっぱり私はすごく運がいいんじゃないだろうか?

この運、生かさなくては!
(あれ? 「生かさなくては」と思うのは真面目すぎるのか?)
 
 

2件のコメント

  1. こんばんは
    おー、ようやくご自身の真面目さを認めざるを得ない感じですね。
    英語(外国語)の中でも会話となると完璧主義な人、そして間違えを過度に恐れる人にはあまり向きません。
    そしてキャッチしたボールは早く投げ返す、例えそのボールが相手の手前で落ちてしまったり、相手の頭上を越える暴投であったとしても、キャッチしてからのスピードが肝心!
    とりあえず投げ返しておけば、相手がそのボールを拾ってまた投げてくれてゲームは続きますから♪

    1. catsrusさん

      こんばんは~
      ご指摘を頂いたときに「そうかも知れない」という自覚は芽生えていたのです。その後英会話教室へ行くたびに実証が積み重なって、本日トドメを刺された形です。はい。完璧になんてできっこないのに己に完璧を求め、間違いばっかりしてるくせに己の間違いを恐れる。アイタタタタタタッ、です。。。

      せっかく英会話教室という良い機会を得たのです。もう少し時間はかかるかもしれませんが、明るく元気よく開き直った適度に不真面目な人間に自分を改造してみようと思います。

      しかし、、、 私は、バレーボールとかバスケットボールなら何とかなっていたのですが、野球やソフトボールになると、投げるのも取るのも絶望的にヘタッピだったんですよねぇ。。。 うーん。バレーのトスとかバスケのパスとか、改めて考えてみると何となく会話のイメージには合いません。

      やっぱりキャッチボールですよね。
      まずは小さなボールに対する苦手意識を投げ捨てるべきですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。