語学は辞書との格闘技か!?

 話題は、英語学概論のレポートのことです。
参考文献を読み終え、レポートの構成を終えたところで、論拠につかうデータが少なすぎることに気付いてしまいました。。。で、ここ数日は、『Macmillan English Dictionary』と『Oxford Dictionary of English Etymology』を本棚から引っ張り出し、電子辞書の中にある『Oxford Dictionary of English』と『新英和大辞典』(研究社)を加えた辞書4冊を、ボールペン片手に睨みつけておりました。いやー、こんなに英語を見たのは昨年度の夜スク英語R以来ではなかろうか(←ダメジャンw^^;)。

 辞書との格闘は、国語学のレポート以来でした。掘れば掘るほど深みに嵌まってゆく感じ、堪りませんねっ(あらら私ってマゾ!?)。

 さきほど、序章、本論を書き終えました。レポ作成は終わったも同然です(・・・タブン)。サクッと読み返してみましたところ、今回は第1稿を校閲するだけで提出できそうな雰囲気。 まぁ、締切まであと2日ですから、これから書き直すなんて無謀な選択は出来ないンですけれども・・・
とにかくメドが立ってホッとしております。

 しかーし、レポートを無事終えたとしても、やらなくてはならないコトはテンコ盛りです。まずは、視聴が滞っているEスク英語学をなんとかしなくてはなりません。読みたい本も沢山あるし、いよいよ論理学に本腰を入れたい、科目試験を睨んだ勉強も考慮しておかないといけないし、このブログを安定させるためPHPの勉強もしなければいけないし、、、

 そこはかとなく無謀感が漂っておりますが、、、そこは気付かないフリをして、粛々と取り組みたいと思います。。。

2件のコメント

  1. cimocoさんの本棚の蔵書が素敵すぎます♪
    でも本来そのくらい揃っていないと、言語学の勉強は出来ないのでしょうね。私がEスク英語学の課題に手も足も出ないのは、勉強の土台となる辞書が揃っていないせいかと思い始めました。(そもそも勉強の土台となる英語力がないせいだ、というのはモチロンですが…)

    ホントにやらなくてはいけないことが、テンコもりですよね。Eスク英語学の視聴、私も溜めてます。論理学もやらなきゃと思っていますし、読みたい本もたくさんあるし、っていうか、本当は仕事(本業)でやらなきゃいけないことがあるのですが(笑)
    まあ、とにかくやれることをやっていきたいと思いま~す(^^)

    1. coraraさん

       私もEスク英語学の課題を前に怖気づいております。数学能力が極めて低いのにどういうワケか私は科学が好きなんですよねぇ。で、英語の記事も科学系ならば興味を持って読めるのでは、と、宇宙ネタのイギリス英語とアメリカ英語の同じニュースを用意してあるのですが、英語学概論のテキストに、学術系英語は世界的に語の共通性が高いと書いてあったやうななかったやうな・・・^^;
       記事を見つけたときは嬉しくって、ルンルンで印刷したのですが、私の英語力では簡単には読めないのは明白ですから、もっと短くて俗っぽいネタの方が違いが明確に出ていいような気がして、読む前段階でくよくよしております。 もうこうなったら、闇雲特攻するしかないかなァ・・・

       辞書についてですが、これはもう、私の趣味としか言いようのない蔵書アレコレでして、慶應通信に入学して以来ずいぶんと支えられております。Webでもかなりのところまで調べることができるのですが、どうしても紙の本で確認したくなるんですよねぇ(旧タイプ人間)。

      ウチの辞書たちを「素敵」だと誉めて頂いたところでチョット調子に乗って、大好きな丸谷先生の書評にあった言葉をひとつ引用&ご紹介いたします♪ 毎日新聞の書評で丸谷先生が『古語大鑑 第1巻 あ~お』について書いたときの記事です。
      「日本語は民族の記憶をおさめる仄暗い大倉庫で、それを収録する浩瀚な日本語辞典が必要なのはわかりきった話である」
      コレ!件の辞書、欲しくて堪らないのですが、第1巻だけで3万9900円もするんです(´・_・`)。

      ・・・おっと、趣味方面へ暴走しそうになってますね。すみません。
      きっと、やりたいコトやらなくてはならないコトがあるって、大切なコトですよね。仕事も勉強も生活も、なにも諦めず前へ歩いていけたらいいなぁ。体にだけは気を付けつつ、精進してまいりましょう(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。