My English has no breath!

「死んだ魚の目」という比喩表現があります。「息をしてない!」というのも似たような表現だと思います。茫然自失の体にある友人に対して「○○ちゃんが息をしてない!」と冗談めかして書くのを、ここ数年WEB上でチラホラ見るようになりました(最近は下火になっている気がする)。本体から命の源である精気が抜け出しているような状況を鑑みて「死んだ魚の目」(すなわち生きていない)とか「息をしてない」(やっぱり生きていない)とか言うんだろうと私は捉えています。
それを踏まえてのタイトルが今回のヤツ、

“My English has no breath!”

・・・すなわち、「私の英語は息をしてない!」(生きてない)です。

 英会話レッスンを始めて、ときどき洋画なんかも噛り付いて見たりしていて、ようやっと「私は英語の感覚が掴めていない」という自覚が芽生えました。ごくごく自然に流れる日常的で簡単な単語のフィーリングが分からない。シンプルで重要な動詞の使用感覚が分かってない。知っているはず単語で聴き取れてもいるのに、意味が呑み込めなくて頭がフリーズしちゃう。これは重症だな、と・・・

 たぶん、私の頭の中の倉庫にある英語の言葉は、ただ単なる知識でしかないのだなと、今、考えているところです。積みあがっているだけ。死んだ魚の目をした知識の山。息をしていない。以前、『私の倉庫の中のお芋さん』という駄文を書きましたが、私の倉庫の中の状況は当時思った以上に悪いようです。知識として覚えている単語に、適宜適当に文法という紐を付けて言葉を引っ張り出すというのは、書くは易しで、実際にやろうと思うと、私にとってはそんなに簡単ではありませんでした。

 何故か。理由の第一としては、私の性格が大いに影響していると思われます。無意識に正しいものをと倉庫系統に要求しちゃうんでしょう、そのプレッシャーで頭がフリーズして、知っているはずの言葉が見えなくなります。馬鹿ですよね。間違ったとしても、許されるどころか正してもらうことができるという貴重な機会を得ているのに。真性の馬鹿です。
 理由其の二は、フィーリングを含んだ文脈にのっている言葉というのは “生きている” んじゃなかろうか、ということに気付いたのが今だったという(社会人学生になって英語の再学習を始めてから4年以上経過)、自分の言語感覚の鈍さです! ただ単に知識として積みあがっている言葉は息をしていません。自然な文脈に乗せて、言葉ははじめて呼吸を始めるのではないでしょうか。

 そうです! 芋は倉庫から取り出して、畑に植えて育てなくてはいけなかったんですね!? 畑に出る労を惜しんではいけませんでした。耕して、種芋を植えて、手間暇をかけて育てなくちゃ、ナマモノの英語は手に入らないんですねっ!?

 ということで、理由其の三にして、最大の残念ポイントは、フィールドに出る労を惜しんで倉庫内の作業で済まそうとした浅はかさにありました。
 まだ全然アウトプットが足りてないのです。芋を取り出して畑に植えて育てるという作業が疎かになっているのです。ナマケモノなのです。読む&写経というインプット作業はそこそこ軌道に乗ってきているのに、英語で考えて書くとか話す練習はなかなか軌道に乗りません。

 

 ・・・これはいったい何度目の正直になるのだろう?
今度こそ、
ホントにホントに今度こそっ
英文日記を軌道に乗せなくては(`^´)!!!

頭の外で畑を耕さなくちゃ!
じゃないと私の英語は息をしないまま終わってしまうのでは、と思われてしょうがないのです(´・_・`)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。