“Go” の “業”

 “業” はゴウと読みますね。「業が深い」とか「己が業の成せるワザ」とかいった使い方をします。どちらかというとマイナスイメージのある言葉です。辞書を引いてみましょう。トリイダシタルは、例文がナイスと評判の『新明解国語辞典』(twitterに新明解botがあるくらい評判)です。

ごう【業】[仏教で](現在の環境を決定し、未来の運命を定めるものとしての)善悪の行為。(狭義では悪い行いを指す)~中略~ 【―を煮やす】相手の態度が煮え切らないので、怒る。

 こんな感じの言葉です。では、今回のタイトル『”Go” の “業”』とは、何ぞや、と申しますと、これはビターなダジャレ風味の強いただの愚痴です。あはは。だって、英語のシンプルで重要な言葉の代表選手みたいなヤツじゃないですか “Go” って。英語感覚の鈍い私は「その意味はいったいどこへ行くのよっ」とこの “Go” に何度か泣かされています。

 先日も “go out of your way to ~” という表現に引っかかって「なんじゃこりゃぁ!?」となりました。現場は、映画『ブリジットジョーンズの日記』の中でした。「あるホームパーティーに参加してバツの悪い思いをしたブリジットが帰ろうとひとり玄関ホールで身支度を整えていると、そこにマークがやってきて・・・・」という場面です。ブリジットがマークにこう言います。

“You seem to go out of your way to try to make me feel …like a complete idiot every time I see you, and you really needn’t bother.”

これです。最初は“go out of your way to ~” を「あなたの道(もしくは方法?)の外へ行く」と読んで、ナンノコッチャと思いました。しばし考えてみましたが、思考がまるで素手でウナギを掴もうとしているときのようになってしまって、ちっとも掴み切れません。そこでアルクの英辞郎さんに聞いてみたところ、どうやらこれは「自分のやり方から逸れる」→「回り道をする」→「わざわざ~する」という感じで意味が転がっていくフレーズらしい。これを踏まえてようやく、この台詞を理解できました。

 「あなたは、会うたびに、わざわざ私が完全な馬鹿だと感じられるようにしてくれているみたい。でも、そんな風にあなたが煩わされる必要は本当にないのよ」(←日本語字幕の訳ではなく、直訳風の自前訳です。間違ってたらゴメンなさい)

 知らない単語はひとつもないのに、むしろ簡単な単語ばかりなのに、“Go” のお蔭様でひと苦労させていただきました。日本語でも「行く」というコトバはとっても自由に振る舞いますから、長い歴史を生き抜いているシンプルワードは自然と業が深くなるもんなんだろうなぁ。
 あゝ、「いく」だけではありません「なる」とか「する」とか「もつ」とか「える」とか・・・難敵には事欠きません。

 

 そして、シンプルワードとの取っ組み合いは続く・・・

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト