家に煙突はないけれどw

 きょうは西洋のクリスマス。メリークリスマスでございます。楽しければなんでもござれの精神で、ブログも本日限定でそれっぽく装ってみました。今年も郷里の姪っ子たちに対してサンタミッションを展開し、先程その完了と成功を知らせる兄嫁メールを頂戴したところです♪

 私が子供だった頃からずっと郷里の木造家屋に煙突はないけれど、そしてクリスチャンでもないけれど、姪っ子が生まれてこの方、私は進んでサンタ代行業を務めています。何と言っても、なかなか会えない姪っ子たちに東京に住む叔母さんの希薄な存在感をアピールする絶好のイベントですから。

 それに、姪っ子たちには「自分の欲しいもの」ではなくて、「誰かが自分たちのことを考えて選んだもの」を受け取る嬉しさを感じて欲しいなと、思っています。常にそばにいる大人にはきっと “The dearest ちびちゃん’s ” リクエストが飛んでいます。両親や祖父母にお願いして、自分たちの欲しいものを手に入れることはそりゃー嬉しいでしょう。でも、私はふたりの未来を豊かにしてくれる可能性のあるものを考えて選んで、贈りたい。これができるのは、離れて暮らす叔母さんである私の役目なんじゃないかなと思っています。だから、クリスマスには子供たちの想像力がまだ及んでいない分野を垣間見せるような、少しだけ大人びたものを選ぶようにしています。

 今年のテーマは『色』でした。ジョハンナ・バスフォードという作家の塗り絵シリーズ(密林参照はコチラ)と、『色の名前』(角川書店)が、私の選んだプレゼントです。
 んでもって、私への嬉しい嬉しいクリスマスプレセントは、この本を前にして笑顔になってる “The dearest ちびちゃん’s “ 写真です。うふふふふふふふふ(^-^)。

 今の私のお家にも煙突はないけれど、プレゼントはしっかりと届きました。西洋の習慣にあやかってホカホカ気分になったところで、洗濯も終わったし、英語の勉強に精を出しませう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。