苦手sentences

 通常の愚痴モードです。クリスマスが終わって、「もーいくつ寝るとーお正月ぅ♪」と子供が歌いだしかねない時期になっちゃってます。きっと近所のスーパーは、昨日までのクリスマス&お正月ミックス店装を一晩でお正月一色に変更したのではないでしょうか。
・・・あゝホント、時の流れは無常です(ゴーン)。
 そんなこんなで、本日は、苦手だと思っていたけれど本当マジ苦手なSentences特集です。・・・あは、「特集」は大袈裟でしたね。えー、以下は、ただ単に一日限定クリスマス装飾を通常モードに切り替えなくてはなぁ、とひねり出した苦肉の駄文であります。

苦手sentenceその1:主語が‘nothing’ とか‘none’ みたいなno付ワードになってるヤツ!
 最近お気に入りの映画 “Love actually” を見ていて、前から苦手だと思っていたけれど、これはホントに苦手だぞと再認識させてくれたのが、結婚式のシーンで歌われる “All you need is love” の歌詞、

There’s nothing you can do that can’t be done.

です。that以下の否定で意味をひっくり返すとこなんて、もう憎たらしいったらありゃしませんね、あたしゃw ・・・そりゃージッと30秒っくらい見つめていれば意味は取れますけれど、でも聞いてすぐに理解できるかというと、胸を張って「できません」と言えます。
 しかし、苦手だからできないとばかり言ってられません。なんだかこんな感じの表現には良く出会います。ってことは、良く使われる可能性がでっかいわけで、覚えないわけにはいかないだろうな(←あゝこの文の最後のトコロがまさに日本的二重否定の脅威、、、じゃなくて強意になってますね。自分もやってるんだから、覚えられないわけがない)と思うのです。どうやって覚えるか。もうこれは、使い込んで慣れるしかないかなぁー・・・
 とりあえず “All you need is love” を覚えて歌ってみます。

苦手sentenceその2:簡単な動詞の畳み掛けになってるヤツ!
 これは“Bridget Jones Diary” でチラホラ見かけて、頭が「ぎゃー」となっりました。ダーシー家のパーティーへ行ったブリジットがマークに「私も好き」みたいな告白をした後のシーンで、友人が

I can’t believe you said what you said you said.

と言うところとか、
ラストシーンでブリジットがマークに言う

I didn’t mean it. I mean, I mean it. But I was so stupid that I didn’t mean what I meant.

とか。もう、勘弁してくださいという感じです。堅物マークはこういう言い回しはあまりしない気がします。マークは結構難しい単語を使うのですが、そっちの方が意味はかえって取りやすいんですよね。ブリジットとその友人たちのコトバの方が、シンプルワードが多い。そして上記のような畳み掛け表現は、まな板の上の生きた鰻よろしく、素人の私には掴み切れないンですっ<(`^´)>

 

 上記二つの苦手sentencesのパターンを克服するためには、とにかく文に触れて、さらに自分で作文してみて、その感覚を体に刷り込むような訓練を重ねるしかなさそうです。。。

 

最後に、苦手sentence番外編:日本語の旧仮名遣いによる二重否定、福沢先生の場合、を取り上げてみたいと思います。『学問のすゝめ』(岩波文庫版)181頁、十七編あたりを参照してみますと、、、

 第一 言語を学ばざるべからず。文字に記して意を通ずるは固より有力なるものにして、文通または著述等の心がけも等閑にすべからざるは無論なれども、近く人に接して直ちに我思うところを人に知らしむるは、言葉の外に有力なるものなし。故に言葉は成る丈流暢にして活溌ならざるべからず

以上は、旧仮名遣いの二重否定、強意の「ざるべからず」の用例ですw
直訳すると「しないべきじゃない」。冒頭をソフトに意訳すると「言語を学ばないなんてダメだ」という感じになりましょうか。引用箇所を丸っと意訳するならば、「言語を学びなさい。文字を使って文通したり本を読んだりするのを疎かにしちゃーいかんのは当然だけど、人と接して自分の思いを伝えるのは(話し)言葉の外にないんだから、会話は流暢でハツラツとできるに越したことはない」という感じかなと思います。

 一万円札の先生がおっしゃるんだから、間違いありません。私の選んだ「流暢になりたい」言語は英語です。
こりゃー、ますます頑張らないといけないですよねっ(`◇´)ゞ

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト