新年明けました、(遅ればせながら)おめでとうございます

 2017年は私のところにも来ています。2016年がうっかりしちゃって13月とかにならないかしらと、少しだけ期待していました。でも、ちゃっかりしっかり、2017年はやって参りました。今私は、疾風怒濤の年末年始を駆け抜けて、いま、ようやっと一息ついているところですw

 昨年は大晦日まで働いて、元日はお休み、2日が仕事始めで5日まで働きづめにやり過ごして参りました。ちょっとばかり過酷な日々でしたが、元日は郷里の家族の協力の下、お正月らしく過ごすことが出来ました。

上の写真は、私の「2017年お節の記録」です。長皿を逆に置いちゃったり、黒豆を盛り付け忘れたり、新年早々己の粗忽を垣間見ちゃっていましたが、、、それでも、とても清々しい気持ちでお節を頂きました。
 大好きなスメタナの『わが祖国』のCDを聞きながら、健やかに穏やかに新年を迎えられた有難さを、お節と一緒に噛みしめた極上の時間です。

 むかーしむかし、中学ンとき音楽の授業の合唱で『モルダウ』を歌って好きになり、父に買ってもらったCDがいま手元にある『わが祖国』です。私は手前勝手に郷里に流れる長良川の清流のイメージを重ねて聴いておりました。上京以来この曲は私の “望郷じょんがら” のようなものになっていたのですが、そのイメージに新たなフェーズが加わったのが2014年夏でした。
 スクーリングで履修した国際政治論の講義のうちに、私はこの交響曲が祖国の喪失の念から生じた民族主義的な音楽を代表するものであることを知ったのです。以来、依然として私の望郷心を揺さぶる音律であることに変わりはないのですがそのイメージの先に世界史がリンクするようになりました。

 そんな『わが祖国』ですから、郷里の有難さを感じたあとには、ジワジワと前年の己の勉強不足を顧みる心が炙りだされ来るのも、当然です。特に昨年はホント大学の勉強をしなかったので・・・
 今年はきちんと勉強がしたいなぁ。西洋史と東洋史の近代と、社会思想史を頭の中でリンクさせたい。その知識の上に、文学を重ねてみたり、そこから社会を俯瞰してみたり、してみたい。やってみたいことはテンコ盛りにあるのに、空回りしてしまうのは、欲張り過ぎて地に足がついてない証拠なんだろうなぁ・・・
 2012年に大学生に返り咲いて以来、自分の力不足に直面しては挫折し、足元を見て立ち上がり、改めて前を見て歩き出してみると、また力不足の壁にぶち当たりって膝をつき立ち上がって歩き出す、というのを繰り返しておりますが、、、今年も七転び八起き、どうせ転ぶなら前へ前へと転びながら転がって行きたいと思います。

 

そうそうw
元日分のお節とお酒2合を平らげて、しばしウトウトしたあと、カレンダーに1月の予定を記入し、新しい手帖に2017年の大学の予定を書き込んでいると、この日2度目の郵便配達がありました。届いたのは、年賀状第2弾と、昨12月15日に密林経由でイギリスの古本屋さんに注文していた “Bridget jones’s dialy” です。クリスマスあたりに届くことを期待して注文した本でしたが、なんとまぁ、元日に届くとは! 
・・・というわけで、英語、がんばります。22日の英検、現状で一次試験突破はかなり厳しいと言わざるおえないんですが、でもスコアは必ず伸ばしていきたいと思います(`・ω・´)!

新年明けました、(遅ればせながら)おめでとうございます” への2件のフィードバック

  1. 寒中お見舞い申し上げます
    そして今年も宜しくお付き合い下さいますよう お願い申し上げます

    『モルダウ』は美しい曲ですよね。
    私も音楽の授業だったか、小学生時代に所属していた合唱団で歌った記憶があります。
    『美しく青きドナウ川』なども哀愁を感じさせる歌ですね。
    望郷という意味では『流浪の民』が真っ先に浮かびます。
    美しい曲と悲しい歌詞、そしてドラマティックな展開と相まって、感情を揺さぶられます。

    いつか合唱カラオケをご一緒しましょう♪

    1. catsrusさん
      寒中お見舞い、ありがとうございます。

       合唱カラオケ、とっても楽しそうです! 私の卒業した中学校には、私の在学当時、合唱コンクールなるものがありました。これが、運動会や球技大会レベルの白熱イベントで、やたらとがんばった記憶があります。あゝ懐かしい・・・

       文学や美術の奥深さは、大学でじわじわと掘り下げているところですが、そーいえば、音楽の領域にはまだあまり触れていなかったです。私の場合は、いっしょに履修した宗教学の講義のときチラリと「美術につぎ込むお金がなかったから即興日替わりの音楽がウケた」というようなことを小耳に挟んだ程度。このことに、いま気付きました。。。
       うーん、我々の心を打つ『モルダウ』や『ドナウ』の美しく力強い旋律がいかに生まれたのか、を考えてみるのも面白そうですね。

      今年も、通りすがりにたくさん面白いことを見つけて楽しみましょう。
      あれやこれや、よろしくお願いいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。