1月の英検は、とっても寒かった

 22日の日曜日に英検準1級の試験を受けて参りました。まぁ想定内でしたが、かなりお寒い結果になっております。
 もうね、英作文が出色の不出来。最初に意見を宣言する1文、用意されたキーワードをその理由に組み込んで理由を述べる2つのバラグラフの最初の1文ずつ、合計3文を作ったところで「終了5分前です」という宣告を受けました。ニュースで読んだことのあるトピックだったのに、前回よりも文字数が少ないとか、、、
ほんとダメダメでしたねぇ….

 そうだっ 収穫もありましたよ! 長文読解の後半で、自分で設定した時間で読み切れないと焦り始めた途端に英文を読む目が上滑りし始めて、読んだ文の意味が右から左に飛ぶように抜けて行くという悲しい症状を自覚できました。あはははは。意味の取れている文が、次の文を読んでいる最中に抜け落ちていくという素敵な感覚でした。この収穫は負の収穫ですが、次回合格を目指すためには重要なポイントであると思います。
 あ、そういえば、英会話でも同じような現象を自覚しています。3文以上で構成された一つの発言――、例えば「友達とこんな話をしててね、友達はこう言うんだけど、私はこう思ったんだよね」という感じの3文――、で問いかけられたときに、最初の一文が頭から抜け落ちそうになって焦るという弱点。これに気付いたとき、私はなんて頭が悪いんだろうと痛い痛い気持ちになったものです。
 最近私は「基本センテンス300を丸暗記!」というのに取り組んでいたのですよねぇ。。。それで短文ばかり読み&聴いていた弊害かもしれません。文と文をつなぐ論理の力の欠如のようなものでしょうか、コレ?

 新たな課題が明確になったところで、次は3月のTOEIC受験でスコア500超えを目指したいと思います。

 

 ここからは余談的愚痴になりますが・・・ 今回の試験が内容的にかなり “お寒い” 結果に終わったのは上記により明らかかと思いますが・・・
実は身体的にもとっても寒い思いをした受験でもありました。

 試験会場行きシャトルバスに乗るために、なーんと1時間弱もの寒晒し。もうねぇ、四十路半ばのオバチャンにはちょいと厳しい苦行列でありましたヨ。「どれだけ美味しいと評判のお店でも並んでまでは食べたくない派」の私としては、よく1時間近く耐え抜いたと思います。10分遅れで開始された試験に駆け込みで間に合ったのはいいけれど、手先は痛いほど冷え切っていて、上手くペンが握れなくて困ったのなんの。

 

前回は大雨の露天行列、
今回は寒晒しの苦行、
忍耐の精神を養う修行まで課せられる、
英検とはなんと恐ろしい検定試験であろうかと、

しみじみと、

私は痛感いたしました次第です・・・・

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト