近況ダイジェスト

 2月は28日までしかありません。4年に1度、オマケのつく年がありますが、今年は残念ながら、オマケなし。来週の火曜日はもう2月末日で、来週の水曜日は3月になるというワケです。そういえば、拙宅近所では大好きな沈丁花が満開になりました。うかうかしていると、気付いたときには桜が散っている、、、なんてことになりそうです。
 一体全体ブログも更新せず何をしていたのか。今日は、これをダイジェストで振り返ってみます。平坦な日常にまんまとうかうか流されている近頃の自分に歯止めを掛けるキッカケになれば、という淡い希望を抱きつつ・・・

 ▽状況その1・大学生であること関連 最近の世界のニュースについて、ちょっと思いついた疑問があって、書こう書こうと思っていても、書きたいことを書くためには本を読まなくてはならない状況で、本を何冊か買ったのはいいんだけど、それがなかなか読めない。買った本はそんなに分厚いものではなく、大学生であればサクッと読めてしかるべきものと思われるのに、サクッと読めなくて、己の遅読を呪う。
(ちなみに、思いついた疑問の内容は、「米国の司法の強さとその歴史的な要因について――― とにかく大戦間期のドイツ司法の状況とはかなり違うよねぇ」という感じのヤツと「歴史的知識を現在起こっている社会現象に照らしてみる時の注意点って何? とりあえず進歩している技術は加味されるべきだよね」というヤツ)
 ▽状況その2・英語関連 予定通り不合格だった英検ネタを書かねばと思っていたけれども、結果を受け取った時に着手していた別の関心ごとがあって、後回しにしていたらすっかり機を逸してしまった。英会話レッスンはとっても楽しいのだけれど、「楽しいからって、ちょっと甘え過ぎてはいやしまいか?」と、強化の気配の感じられない己の英語筋の状態に眉をひそめ始めたところ。英文日記は続いているけれど、頭の中にある表現パターンが少なすぎるし。もっと手と口を動かすべし! と自分の怠惰を叱る。
 ▽状況その3・今と将来の仕事関連 先日、これはという求人を見つけてしまって、ダメでモトモトの勢いで履歴書を送ってみたところ、やっぱりダメで、このままでは日常に流されてグダグダになってしまいそうな灰色の未来予想図をチラリと覗きこんでしまった。これで、簿記3級のテキスト片手に電卓を叩く指に力がこもるようになった。試験まで残り5日となって、逃亡癖の発症を固く戒めている。

 ▽挙句の泡沫転倒 上記の3大状況の緊張関係に耐えられず、PCやスマホで電気仕掛けの蜘蛛の巣の上を彷徨い歩き無駄に時間を費やすこと暫し。情けなくもWebに彷徨い出ている最中にうっかり体を冷やしてしまい、先週の後半3日間は風邪を引いて熱発とか。まったく関係のない所で転んでしまって、失望感に苛まれる。

 

 以上、とりあえず近況を書いてみました。3つのことを同時に何とかしようとしているところに無理があるのは分かっているのです。悔いなく打ち込める仕事を手に入れることが最優先なのは明白で、大学を休学することもチラチラ考えてはきたのですが、四十を過ぎて大学生に返り咲いたことが自分を変えてきたし、これからも変えていくだろうと思うと、惜しくて手放せません。英語は、大学的状況にも仕事的状況にも影響するスキルだと思い極めていますから外せません。

 最後に「無理でもやるしかない」という、いつもの諦めの悪い結論に到達したところで、久しぶりのブログ更新を終わりたいと思います。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト