“The Best Exotic Marigold Hotel”

 とっても素敵な映画を見つけました。邦題は『マリーゴールドホテルで会いましょう』。年輩の7人の男女がそれぞれの事情に背中を押されてイギリスからインドへ渡ります。んでもって、自らを取り巻く環境に大いに影響され、あーでもないこーでもないしつつ、あんなことこんなことになる。今年45歳となる私に、「まだまだ人生には色々なことが用意されているはずだよ。ふふふふふ」と意味深に笑いかけてきているような映画です。

“The challenge is to cope with it. And not just cope, but shrive.”

“Like Darwin’s finches, we are slowly adapting to our environment. And when one does adapt, my God, the riches that are available.”

 この2つのキャプションは、特に、今の私の心の琴線を弾きました。
ひとつめをアバウトに意訳すると、「困難に出会ったとき、へんに力むことなく対処する。対処だけでなく力強く生い茂る」かな。
ふたつめは「ダーウィンのフィンチ(進化論の論拠のひとつとなっている、棲息する島ごとに異なる嘴をもつ同種の小鳥のこと)のように、私たちは環境にゆっくりと適応している。そして、ひとつのことに適応できたとき、その豊かさが手中に収まる 手中となるその豊かさ!」かなぁ・・・
(↑※英会話の先生に教えて頂き、訂正)

 説明が長くなってしまっていますから、映画の中のセリフとしては使えない駄訳ですけれど、英語の感覚を少しでも残したいなぁと。・・・まぁ、正しく語感を掴めているかどうかはアヤシイけれども、意気込みだけはホンモノです。ははははは。

 本当にこの映画は含蓄に富んでます。実は続編もあって、そっちは先日、簿記3級の試験を終えた日に、ご褒美として鑑賞したばかり。まだ日本語字幕で見ただけで、英語字幕での鑑賞はしていません。うーん、そちらには、どんな英語が詰まっているのかな。

映画の英語の掘り起こし、
むちゃくちゃ楽しいですね(^^)♪

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト