Without sakura in the world…

♪春るが来ると思い出す~ぅ、遥かなぁーーーー・・・・平安、仮定法♪

 来るのは「夏」で思い出すのは「尾瀬」だろうがゴラァ、とか、そういうツッコミの声が聞こえてくるような気もしますが、すみません、スルーさせていただきます。私には、「春」と「英語の仮定法過去」とくれば必ず思い浮かぶ短歌があるのです。今回はそーいう話題なのです。多少強引なマクラではありますが、どうかご容赦下さい。。。

世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

(在原業平、古今和歌集)

んでもって、話題の中心となるのが、この短歌です。
大雑把に現代語訳をすると、「世の中に桜がなかったら、春の心は平穏だったろうになぁ」という感じでしょう。

 簡単に品詞の解説を試みますと、、、「桜のなかりせば」(せ=過去の助動詞「き」の未然形、ば=条件の接続助詞)で非事実的な条件文を提示し、「のどけからまし」(まし=推量、とくに仮想を表す「まし」の終止形)で事実に反する帰結を導く文法になっています。
 えー、チョットここで小西甚一『古文研究法』(ちくま学芸文庫)の、「まし」の解説部分を参照してみませう。

(前略)つまり、subjunctive mood における推量であって、 If I were bird, I would fly you! における would がちょうど「まし」に当たるわけである(後略)―――216頁より

、とあります。たぶんこの本をざくっと読んでいたがために、「春」と「仮定法」というキーワードで、今回取り上げた平安の貴公子の詠んだ歌が浮かんでくるような記憶発動装置が頭の中に仕組まれてしまったんだと思います。
(※帰結節の助動詞を could にしてもいい感じですね。「飛んでいったのに!」が「飛んでいけたのに!」)

 恋多き古典のプリンス(在原という姓は家臣に下ったときに賜ったもので血統的には皇子さまでした)の詠んだ歌です。春に散る桜の潔くも儚い美しさに心に揺さぶられるこの歌の情景は、恋を表す比喩としても強力に作用すると思います。「春=恋」というメタファーはもう古典中の古典です。
 「あゝ恋なんてしなきゃ、心穏やかに過ごせるのに・・・(溜息)」というヤツですな。ほほほほほ(←平安オッサン貴族調)。今なら、槙原さんが「もう恋なんてしないなんてーぇっ、言わないよ絶っ対!」と歌い飛ばしてくれるシーンでしょうか。
(「言わないよ絶対」の「絶対」という表現が及ぼす作用については今は議論しない)

 ・・・さて、と。そろそろこの取りとめのない駄文を締めくくらねばなりません。「平安時代の春の歌」と「仮定法過去」について、英語のカテゴリーで書いているんだから、この歌を私なりに英訳する、という冒険をしてみます。

If there were no sakra in the world, our heart into in the spring could be into in only calm.

・・・こんな感じでどでしょうか(恐る恐る)?

 

 あーーー、在原業平の時代の桜は、ソメイヨシノじゃなくてヤマザクラだよ、とか、「花」の示す花が梅から桜に交代した頃だよ、とか、小山先生の古文解説には英語がたくさん出てきて楽しいヨとか、そもそも日本語の辞書や文法を書物にまとめて整備したのには西洋の影響があるんだって、、、とか、さらに、えー、今日はTOEICを受験してきたけど、前回よりも英文が理解できるようになっていたのに食べ残した問題数が前回以上でした…orz、とか、布団の中で本を読んで首を痛めてシマイマシタ、とかとか、余談はいっぱいあるのですが、もう日付の変わる時刻なので、ヨシておきます。。。

では。
おやすみなさいzzz…

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト