二重否定の罠

 メロディーが気に入ったら、歌いたくなるし、歌うなら内容を理解したいと思うのは人情です。ですから、先日掲載した “Bad Day” の歌詞の私なりの翻訳を試みたのです。

(「引用」の範囲を超える著作物の無断掲載に抵触する可能性を考えて、そして、なによりも自分が正しく意味を取れているのがどうかサッパリ分かりませんので、私の和訳は掲載できません)

 ・・・ちょっと長い言い訳を挟んじゃってますが、まぁ、それはマクラ代わりにおいといて、、、ですね、そうそう、翻訳を試みたのです。そして、二重否定の罠に引っかかって、只今悶々としているところなのです。「二重否定のカタチをした否定の強調」なのか、それとも、「後に続くフレーズを繰り返す理由にするための二重否定」なのか。この二つの可能性を思い付いてしまって、、、

以下で、引用の範囲を超えないように注意しつつ、説明を試みます。

 登場人物は、たぶん「友達とオレ」です。“You”を世間一般の人たちを示す意味のない代名詞として考えようかとも思ったのですが、人物描写のようなところもあるし、“you and I” という言葉も歌詞の後半に出て来るので、たぶん「オマエとオレ」という人物を設定したほうが良さそうだな、と思ったのです。
 んでもって、オマエであるところの友達が、どこかで精神的ダメージを受けて暗いネガティヴの谷に落っこちちゃてるんです。オレは友達を励まそうと試みます。

「いつ何があったのか気付かなかったけどさ、お前凹んでるなァ。むっちゃネガティブに落っこちる兆候が出てるぞ、おいおい」という感じのシチュエーション(だと、私は妄想した)のあとで、問題のフレーズが登場します。

And, I don’t need no carrying on.

これです。
この後に、オレ君は、友達の落ち込んでねじ曲がっている(と私は勝手に妄想している)オマエさんに励ましの言葉を続けるんです(タブン)。

 「二重否定の形をした否定の強調のような文法」については、『ロイヤル英文法』(旺文社)さん曰く「否定語を重ねて単なる否定を表すことがある。これは標準的な言い方ではないので、一般には避けたほうがよい」(761頁)とあるように、粗っぽいスラング的な振る舞いをする、ロックな用法であるらしい。
 するってーと、この一文がこのロックに書かれている可能性は高くなりますから、勇気を出して直訳してみますと「そして、俺は続けることを必要としないんだ」という感じになりましょうか。

 一方で、「この文は文法的に正しく二重否定になっている」と考えることもできるのではないかなと、私はそこはかとなく夢見がちに妄想しています。ぼんやりとSVOの形がしっかりと見えている気がするし、他の部分の時制とか結構気を使っているようなそんなような気もする。あはははは。
 んでもって、この盛大に気のせいかもしれない用法でもって、このセンテンスを捉えると、「俺は必要ない&やり続けることはない」で「やり続ける必要がある」という意味になるんじゃないかなァ……
 二重否定として読めば、このセンテンスの次に続く言葉を「言い続ける」というシーンに妄想を飛ばすことができます。

And, I don’t need no carrying on.

 さてこの一文、ロックな振る舞いをしているヤンチャ坊主なのか、それともけっこう真面目に友達を心配するいい子ちゃんなのか。はたして、私の妄想に決着の付く日は来るのか。

 

こんな風に英語的に方向音痴な私の冒険は、果てしなく続いていくわけです。

Oh, and I won’t need no carrying on….

二重否定の罠” への2件のフィードバック

  1. こんばんは
    懐かしいですね、この曲。大好きでよく歌っていました♪
    当時CDを買ったような…。

    英語の歌の中で楽しい妄想! 良いですね。

  2. catsrusさん

    こんばんは♪
    教えて頂いたゴダイゴの”A Good Day” と、 この”Bad Day” 。どっちも、素敵な歌で、大好きです!

    もっと英語で自由に妄想できる自分になるべく、精進を重ねたいとと思いますヽ(^o^)丿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。