簿記は落ちても役に立つ❀

 「貴殿は簿記3級不合格ですよ」というハガキ が届いたのは、昨日だったか、一昨日だったか、最近アーでもないコーでもないあれやこれやがあって頭がおかしくなっているところなので定かではないけれど、結果は分かっていたのだけれど、やっぱり自分の低能っぷりを明示されてガッカリした。

 ・・・のだけれど、今朝、twitter で『国の借金が1000兆円あるというのはウソ?日本の本当の財務状況とは』という記事を拾い読みして、ほんのチョットだけ持ち直した。

 私は、この記事に書かれている「国債1000兆円を消す方法」をすんなり理解できちゃったのである。簿記3級の試験で、せっせと取り組んだバランスシートのイメージがするりと頭の中から出てきて、借方と貸方とに勘定科目を当てはめながら記事を読むことができた。あんまり自然にできたから、ちょっとびっくりしたくらい(もちろん、毎度のことですが「カンチガイでなければ」という但書は外せませんw^^;)。

 簿記3級は不合格だったけれども、試験勉強によってインプットされた知識が政治経済関連の問題を考える時に役に立つことがあるらしい、と分かったのは収穫だった。少し投げヤリな気分に浸りそうになっていたけれど、もう一度挑戦してみようかなという気持ちが、フツフツと湧いてきた。

うん。
いいぞ。
気持ちが外に出てきたぞ。
春なのに自分の中に引きこもっているなんてもったいない。

さぁ外へでかけませう♪

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト