日本の話芸


 卵2個、小シーチキン缶1個、ミニトマト&パクチー適量。調味料として粗挽きブラックペッパー&塩、さらに閃いてラー油を適宜適当に投入。これ、自分で言うのもナンですが、本気と書いてマジと読む修飾語を付けてもいいくらい美味しい!

 ただいま私は酔っ払っております。ハイ。何でかってーと、久しぶりに落語を見てきたからです。しばらく会っていなかった古い知人に誘われて、横浜のにぎわい座に行って参りました。久々の落語詣での演目は「柳家さん喬独演会『恋ふたつ』」。

【番組】
柳亭???『手紙無筆』
(↑申し訳ありません、後で調べりゃ分かると思ってちゃんと聞いてなかった。んで、帰宅後に調べてみると昔と勝手が違って、もしくは目下のところ酔っ払っているせいで、名前を特定できませんでした)
喬の字『鴻池の犬』
さん喬『お若伊之助』
~仲入り~
笑組『漫才』
さん喬『お節徳三郎』

 さん喬師匠、さすがです。噺を聞いていいるだけで頭の中に風景を描かれるような、あの瞬間がたまりません。久しぶりに落語を聞いて、久しぶりに頭の中に江戸の風景を描いて頂きました。
 お江戸のお店の身分違いの恋の噺を2席。どちらも恋の成就なるかならぬかの手前で終わってしまったのが、これまた切ない・・・ 経緯はたっぷりと描写される。しかし、いわゆる “落ち” はあっても最後に二人がどうなったのかという分かりやすい結論は示されず曖昧なまま噺は終わってしまいました。
 さん喬師匠が座布団の上から去ったあと、噺の中の二人に訪れるのは悲劇的結末か、ヨヨヨイノヨイの大団円か、そんな時代もあったよね若かったよね的大人的回顧に流れるのか・・・ どれを選ぶのかは自分次第で、中には選ばないで終わらせるという選択肢もあるんだなぁ、なんて、あれやこや考えさせられました。

 もしかしたら、こんなところにも「日本らしさ」みたいなものが反映されているのかもしれませんね。落語に嵌まって寄席通いをしていたのは、10年ほど前のことでした。その時にはなかった視点が、自分の中に芽生えているのを知った、きょうなのでした。

 しっかし、それにしても、むちゃくちゃ久しぶりだったのに、さん喬師匠、変わってなかったなァ・・・ もう、何もかも、ワンダー・・・

あゝ実によい一日でした。
私を外に連れ出してくれた知人に感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。