2017年、春は来ぬ


 ウチの近所の桜です。3年前の冬に見るも無残に枝打ちされたこの桜たち、今年はかなり盛り返してきたようで、こんもりと元気よく咲いています。2014年に引っ越してから4度目の春は、この桜に彩られ “爛漫” の域に達したようです。

あゝ春は来ぬ。
(一応補足:旧仮名遣いの「ぬ」を使っています。完了を表す助詞ですから、否定の意味はありません。英語なら完了形で “The spring has come.” )


 ソメイヨシノの何が好きかって、花の薄いピンクとゴツゴツした幹の黒とのコントラストです。これを撮影したのは雨上りの午後でしたので、雨に濡れ幹の黒さが際立っていました。
 薄紅色の花と力強い幹、そして潔い散り際。ソメイヨシノに宿る美意識は、この桜を作った職人の狙い通りなのでしょうか? だとしたら、この品種を作った江戸の時代の染井村の植木職人さん、凄いです。

 郷里の山には山桜がありました。何となく野生の桜は長閑な雰囲気をまとっていたような気がします。この感覚は、「実生(実を生らせ種を作る)できないソメイヨシノ」と「普通に実生して繁殖できるヤマザクラ」という知識によって芽生えた私の先入観なのかも、、、ということに、たったいま気付きました。

 実生する能力をその美意識と引き換えにして作られたソメイヨシノ。人による作為の外の自然の中で生きているヤマザクラ。どっちが好きかと問われれば、どっちも好きですと応えます。どちらにも心惹かれる背景があります。
 これを書くのに、サクッとGoogle先生に「ソメイヨシノとは」を問い、出てきた幾つかの記事を流し読みしました。そこで知ったことですが、人の手によって美意識を高められたソメイヨシノも、実生できる品種と自然交配して別の実生できる桜になるケースが観察されているのだとか。自然は強いですね。
 ソメイヨシノが自然環境のなかで変種し、実生できるようになる。このコトに、私は感心と安心を覚えました。

 

・・・あれ?
きょうは「春が来た!」から「桜が咲いた」とやって、「社会人学生を始めて4度目の春、ここはちょっと自分のやりたいことを再確認」という流れでブログを更新しようと思っていたのに。。。
桜の魅力に引っ張られて違うところに着地してしまったようです。
タハハハハハ(^^;)。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト