Baby leaves

 「春爛漫!」と書いてから一週間も経っていないのに、目前には春の背中を見ながら背後に夏の気配を感じるような陽気の到来です。この写真は拙宅から駅までの道すがらにある銀杏並木で、昨16日に撮影しました。

 遠目にぼんやりと霞むような緑は、この時期にしか見られません。産毛ですよね、これ。もう、まさに赤ちゃんの頭のあの薄くてほんわりしてて、やわらかーーーい、あの髪が連想される眺めです。もう、間違いなく、Lovely!


 銀杏の葉っぱっのアップを試みたのですが、あまりよく映ってませんね。。。
銀杏の葉は小さい頃からちゃんと銀杏の葉っぱの形をしています。もうそれが、赤ちゃんの掌のような愛らしさ。あの柔らかげでぷっくりと肉厚のちっちゃこい質感。きっと目の中に入れても痛くないんじゃなかろうかと錯覚させるあの!

(「目に入れても痛くない」は形容詞的な慣用句かな。私は、これ以外にあの愛らしさを表す表現を思いつきません。・・・そーいえば、以前、英語の動物の赤ちゃん写真特集で “undeniable” という単語を拾い、なるほどと思ったことがあったかも)

 この葉も、あっという間に大きくなって大人の葉っぱになります。春の中に夏の気配が忍び込む、この時期だけ見ることができる大好きな光景です。

そしてこの日、駅にツバメが帰ってきました。
2017年4月16日の記録です。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト