”下手の横好き”王道へ参る!

 大学から夏期スクーリングの案内が届きました。まだ転職願望を果たしておりませんので、本年も入学以来続いている、午前中に講義を受けては出勤するというのを繰り返す、激アツの8月になる予定です。
 んで、ですね、届いた案内書をパラパラし矯めつ眇めつ、しばらくウンウン考えて、今年はいよいよ語学三昧にしてしまおうと決めました。昨年の中国語で味をしめちゃったんですねぇ。まさに下手の横好き。あははは。

 テキストを書いたご本人から、内容についてご教授頂ける機会というのはとっても貴重であるということは分かっているのです。だから、担当教員が書いたテキストを用いて行われる国文学史と英語史は捨てがたかった。もし体が二つあって潤沢な資金が用意されているならば、ぜひとも履修してみたい科目でした。
 しかし、触れたことのない言語に触れようとする時、私のような下手の横好きのセンス的にどうなのよレベルの感性しかない人間にとっては、その言語に堪能な先生に直接教えて頂けるという機会の方が貴重であるように思えるのです。
 履修を目論んでいるのは、スペイン、ロシア、中国の3言語。スペイン語はロマンス系だからフランス語の親戚になるのかな? ロシア語は初めましてのスラブ系! 中国語は昨年履修しましたけれど、理解度を深めるための再履修です。

 私は卒業の「そ」の字も考えられない学習遅延グウタラ学生ですが、スクーリングの卒業要件だけは満たしてあります。夏のスクーリングは興味の赴くまま好きに(とは言っても仕事の関係で午前中に限られますが…)履修できます。過酷なローテになるのを承知で臨むのです(それもクッそ暑い8月に!)。興味のあるものに突進していかなければ心も体も持ちませんw

 というわけで、今年の夏期スクーリングは選択外国語の3教科を申し込みます!
(たぶん、昨年の中国語同様に、開講直前になって後悔の念に苛まれるに違いないンですけど、きっと未来の自分はその後悔を乗り越えて楽しんでくれるはず)

 これは学校に関係のない余談になりますが、暑い8月のキャンパスを駆け抜けたら、9月には郷里の岐阜の山奥にドライブに行こうと思っています。先日、郷里の家族に帰郷宣言をしてしまったし、職場の仲間にも打診済みなので、帰らなくてはなりません。なぜ丸2年も帰ってこない年増娘がいきなり9月に帰ると言い出したのかと母は訝しく思ったようですが、出勤前の忙しさを装いつつ「多治見に用事が出来たついでや」とだけ言いました。そして、兄嫁にはこっそり「多治見であるレアな落語のチケット(柳家小三治・三三の親子会!!!)の抽選に当選してまって、それがえらいエエ席なんよ。もう、放棄しとうてもできんの。がんばってやりくりして帰る!」と真実を告げました。
 せっかくだから、久しぶりに高山から平湯に上って安房トンネルを抜け、安曇野に下りていくあの日本アルプス絶景ルートをのんびり走ってみようかなと思っています。

 ここんところ移動といえば、家の近所と会社の往復ばかり、英会話を始めた以外には変わり映えのない低空飛行を続けてました。そろそろ蓄積された精神の薄暗い淀みが鬱陶しくなってきましたので、それを払拭すべく、8&9月はスカッと楽しんじゃうことにします♪

 

ケッセラァ~ セラァ~♪
なるようにぃ~ なるぅ~♪

ですねw
アハハハ。
さて。
来週、再来週と英会話のレッスンはお休みです。
いい機会だから、英文法のお攫いでもしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。