靄、晴れる

 転職のための条件が、ひとつ緩和されました。私は1年半後に現職の派遣期間満了を迎えます。この期限までに転職を果たさなければいけない状況だったのですが、別の雇用形態に移行し(どのような形態になるかは未定)今の職場で働き続けることができる由、先日上司より通達を頂戴しました。

 「老い先を支える新しい仕事を手に入れたい」という願望が消えたわけではありません。この気持ちは相変わらず胸の奥で疼き続けています。 …んが、なにやら大きな憔悴感のようなものが霧散したようです。やけに気持ちが軽くなりました。ただいま、かなり自分が焦っていたことに焦りが消えから気付くとか、どんだけ迂闊やねん、と自分にツッコミを入れているところですw
(あ、これは最近拾った “I find myself doing ” という表現を使えるシーンかも!)

 焦ってアチコチ手を出す。それによって集中力が分散、すべてが中途半間になる。すべからく自信を喪失し、、、それがまた焦りを呼ぶ。焦りがゴロゴロと転がって、やがて立派な火だるまに成長する。そんな憔悴ループに嵌まり込んでいたんですねぇ。恐ろしや恐ろしや。。。

 有難いことに、背水の陣を張る必要はなくなりました。これからは自分の不器用さを素直に認め、集中力の分散を防ぎつつ、着実に自分の能力を上積みしていくことで、老い先に備えるという作戦を試みてみようと思います。

今年で四十五になりますからね。今更焦ってもしょうがないと開き直るしかないですもんね。

あはははは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。