コリャナンダー? パクチーです♪

 近年、友人にタイ料理のお店に連れて行ってもらい、パクチーに目覚めました。職場で私が「パクチーパクチー♪」とふざけていたのを聞いていたらしい大先輩が、ある日、何気なく「はい」とこのパクチーの種をくれたのです。

 本日、やっとのことで、この種を鉢植えにいたしました。

 まずは種を植える土とタンブラーを用意せねばと、4年前の引越しン時にあれこれ日用品を揃えた近所のホームセンターへ出かけたら、あらららら、そこはドラッグストアーに変貌を遂げておりました。期待薄だとは思いつつ、一応、土とタンブラーの扱いがあるかどうか聞いたのですが、「申し訳ございません」であえなく敗退です。
 それならばと、少し足を延ばして元ダイエーのアピタへ向かったのですが、がががガーン、なんということでしょう、そこには広大な更地が横たわっているではあーりませんか!
 暫し途方に暮れたあと、ぐるりと周囲を見渡してみると遠目にドンキーホーテの看板を見つけたから、そこまでテクテク歩いて行ってはみたものの、ののののノーーーーっ、園芸用品置き場が見あたらなーァいーーーー・・・

 きょうはダメかも知れない。諦めムードで、一旦、拙宅最寄りの駅へ方向転換しました。そして、テクテクテクテク歩きながら、駅前の商店街に小さな日用品店があったのを思い出したのです。もしかしたらと、そこを覗いてみると、飄々とした店主のおじさんが「なに? 欲しいものがあったら聞いて」と言うから「土とタンブラーは置いてありますか?」と。おじさん答えて曰く「タンブラーはあるけど、土はないねぇ。ほら、あそこの花屋、わかるでしょ? あそこなら両方あるんじゃない? 行ってこらん」。私は「ありがとうございます!」と、さっそく教えて頂いた花屋さんへ。
 するってーと、こちらにはピリリっと山椒の利いたようなお婆さんがいて、土はあるけどタンブラーはないといふ。「土だけでも下さい」と言うと、気持ちよいくらいチャキチャキした口調で「土はどれくらいいるの? 大きいのと小さいのがあるけど。ちょっとこっち入って、見て」と薄暗い店の奥へ誘われました。
 まんまと軽石と土を誂えて、おじさんのお店に戻ります。アーでもないコーでもないとおしゃべりをしながらタンブラーを選んで、約2時間弱の行脚が終了しました。
 3件空振りしたときはどうなることかと思ったけれど、商店街の人情味のあるお店に救われました。とってもラッキーで素敵な買い物になった思います♪

 帰宅後さっそくパクチーの種を鉢植えにしました。細長いタンブラーにしなかったのは、丘の斜面に張り付くように建っている拙宅は強風に見舞われやすいからです。お天道さまの機嫌が悪い時、屋内に鉢植えを避難させやすいようにと考えました。

 

ちゃんと芽を出してくれるかな?
大先輩は育てやすいと言っていたけれど・・・
あと、パクチーは香りが強いから、育てば虫よけになるとも。
目に優しくて美味しくて虫よけにもなってくれるなんて、素晴らしい!

どうかどうか、
無事に育ってくださいませませ(-人-)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。