近世英文学史、始めました。

 今度は、大学の勉強のハナシです。
先日、イギリス文学史のテキストを開きました。ようやっと、長い長い「くすぶり」という名の薄暗くて生ぬるいトンネルを抜けることに成功したようで、久しぶりに好奇心と集中力が湧きあがってきているのを感じてゾクゾクしています。

 今は、山川出版の世界歴史体系『イギリス史』の1&2巻で、イギリス文学の生い茂っている土壌がどのように醸成されてきたのかを確認しているところです。本と地図帳とを行ったり来たりという、レポート課題を考える前の至福の時。
ホント、歴史の本&地図帳の食べ合わせってお美味しいですw
ヤミィーーー♡

 あと、レポート課題関連本のミルトン『失楽園』(訳:平井正穂、岩波文庫)を電車の中で齧り始めました。何となく勝手な私のイメージで古くて重厚な雰囲気のテキストを想像していたのですが、これが開けてビックリ玉手箱、ちっとも古びれた感じがしないのです。まだちょっとしか読んでいませんが、今のところ道徳&説教的な匂は感じません。地獄を描写するために与えられる比喩が、妙に具体的で科学的だったりすのには、かなり驚かされます。
 まぁ、文学部の文学を主とするところを専攻しているくせに、入学5年目でやっとこさイギリス文学のしかも超重要人物とされているミルトンを読んで驚いているなんて、私の勉強不足を露呈しているだけでしょうけれども。あはははは。

 ぶっちゃけますと、世界の言語に興味はあったけれども、それを使って語られる文学にはそんなに興味を持っていなかったんですよねぇ。えへへ。今更文学に目覚めちゃて、読むべき本はテンコ盛りっていう、これは喜ぶべき事ですよね?

老い先、退屈しないですみそうですから(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。