“That’s who you are.”


 何処からか飛んできた、何処の馬の骨とも分からないような雑草ではないと思うのです、たぶん。種を植えた位置に身に覚えがあります。だから、これは、私の撒いたパクチーの種から出てきた、My dearest, loveliest baby leaf のはずなのです。
(I longed to see you!)

 大先輩から頂戴したパクチーの種を撒いたのは、今月の7日のこと。香草ですから、木の種や球根よりは早く発芽するだろうという期待がありました。毎朝わくわくしながら水やりをする日々。それが1週間続いても茶色い表面に淡く輝く緑色を見るこは出来ません。
 うーーーん、草の一種なんだから育成は早いはずなのに、出て来ないなぁ、、、と ちょっと不安になりました。そうなれば、伝家の宝刀を抜くしかありません。「助けてっ Google先生! “パクチー 栽培” 」とMr.検索師に縋り付いてみたところ、春の種まきシーズンは3、4月、発芽適温度は17~20というお答えが(ネタモトURL)。。。 これで益々不安になりました。
 1袋を使い切ろうと少しばかり強めに土を鉢に押し込んだのが敗因か、とか、やっぱり種まきシーズンを1ヶ月過ごしてしまったのが痛かった、とか、晴れると気温が上がり過ぎちゃうとか、発芽不適合要因が走馬灯のように頭を巡る日々でした。

 もうだめかも知れない。諦めかけていたところで、今朝、この小さな小さなゴマ粒のようなエメラルドの輝きを発見したのです!

 「殻を割って土のつぶてを掻い潜り外に出て来る」んだから “go out” を使うことになるのかなぁ、とぼんやりと考えていたのですが、それは種の気持ちになったときのコトだったようで、このシーンでの私の気持ちを表すなら“It has just come out!” のほうがピッタリ感があります。

(追記:これを書いた後で気付きました、「出て来る」と「出て行く」という日本語を私は使い分けているじゃーねーか、と… ’go’ & ‘come’ について、もう少しちゃんと考えてみます)

 ちなみに、“That’s who you are.” というのは『ブリジットジョーンズの日記』の最新作で、マークがブリジットの出産した赤ちゃんに言うセリフ。あんまりうれしかったので、出て来たパクチーの赤ちゃんに向かって、これを言っておきましたw

 私の記憶が確かならば、種まきポイントは、小さな鉢で3か所、大きなハチで4か所だったはずです。他のポイントに埋まっている種たちは、どうなっているんだろうか・・・

 今後もパクチーの動向からは目が離せそうもありません。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト