Discourse pattern で的外れ(>_<)!

 Eスク英語学の課題のことです。
課題1は提出しました。返す刀で課題2に取り掛かり、温めていたアイディア通りに昨日のお昼に書き上げたのですが・・・、読み返してみると、どうもアヤシイ。で、改めてテキストに臨み確認してみたところ、微妙に的から外れている。。。
 スッ呆けてそのまま提出してしまおうか、と一瞬思ったのですが、コラッと自分頭をポカリして、サンプル採集からやり直すコトにいたしました。

 只今World Cup 2014の最中です。WEB紙面で展開されているメディアのライブライティングを使えば、面白いサンプルを収集できるのはないかっ!? と思ったのですが、お目当ての試合を掘り出してプリントアウトしてみれば、10.5pに文字の大きさをそろえてもA4で10枚を超える容量がありまして、コレに私の英語力で太刀打ちするのは厳しかったようです。。。
残念無念っ!

 気を取り直して、素直に普通のサンプルを掘り出しました。これでもA4で2~3枚ありますが、まぁ、なんとかなるでしょう。
んでもって、外してはいけない的“discourse pattern”をちょいと検索してみたところ、テキストを補足してくれそうな拾いモノをしたので、以下にURLを貼り付けます。

▽http://learning.qsishenzhen.org/moodle/pluginfile.php/49222/mod_resource/content/1/Discourse%20Patterns.pdf

▽http://www.fresno.k12.ca.us/divdept/titlevii/discourse.pdf

以上。
コレ、英文ですがイラスト付きで分かりやすいンじゃないかなぁと思うのですが、、、どうでしょう?

さーて、科目試験まであと15日を切ってしまいました。
英語学のダブル受験作戦を成功させるため、そろそろ本格的にテキストに取り組まねばなりません。課題2は次の休日に仕上げるとして、それまでは科目試験対策に勤しみたいと思います。

みなさま、
お抜かりなきよう、
ごきげんよう!

6件のコメント

  1. cimicoさん、こんにちは~。
    ご紹介くださっているPDF、とっても面白いですね!まだ文章は読んでいませんが、イラストだけみても、なるほど、分かりやすいです。
    アジアはぐるぐる、かたつむりみたいで可愛いです♪

    今回、課題2をやってみて思ったのは、どちらのパターンのディスコースにせよ、巧い文章は巧いし、つまらない文章はつまらない、ということでした。内円圏に特徴的とされるディスコースパターンも、ヘタな文章は、紋切型で退屈だなあと。ただ、最初で内容が分かるのは助かりますね。かたつむり型でつまらない文章は、何が言いたいのかなかなか分からない上に、最後まで読んでもつまらない、という(笑)

    でもそんなこと言ったら、自分のブログなんて、かたつむりにもなっていない、支離滅裂な文章(^^;)。慶應通信で修行していたら、ブログでも読みやすい文章を書けるようになるでしょうか!?

    1. coraraさん、こんばんはー

       拾ったPDFは、次こそは的を外すまいと、Googleの検索窓に“discourse pattern”と放り込んで出てきた、1番目と2番目の資料です。Googleのメールやフロフィール等のコンテンツはあまり使っていないのですが、検索窓は重宝しています。本当に便利な世の中になったものですねぇ。恐るべしインターネット!

       coraraさん、しっかりとサンンプルに当たられたんですね。ぜひ見習いたいところなのですが、私の場合英文だと、意味を汲むのにキュウキュウとしてしまいます^^;
      私も英語で文章の面白さが分かる人間になりたいなぁ。。。 今回の課題1&2は、目的に会った英文を探しだし、読まなくてはならない、というだけでものすごく勉強になってます。課題2も頑張りますっ(; ・‘ω・´)

       自分の文章をしっかりコントロールするのって、かなり難しいコトなんだなぁと、最近しみじみと思います。これは、慶應通信が与えてくれた気付きのひとつです。私なんで、入学前は、世界の文章はすべて起承転結でできている、と思い込んでいたフシがあります。違ったんですねぇ。世界にはdiscourse patternなるものがあって、それもしっかり研究されているなんて、チットモ知りませんでした(;一_一)。
      あまり学習は進んでおりませんが、知らなかったコトを知ることや、自分の考えを客観的に見直す訓練ナドナドは、きっと、自分をコントロールする術も教えてくれるんじゃないでしょうか???

      それを体得したとき、我々の吐き出す文章がどのようになっているのか。非常に興味深いです(`・ω・´)!

  2. cimicoさま おはようございます。
    ほんとうに、あと、10日余りで試験日を迎えます。焦りが徐々に生まれてきましたが、そんな時は皆さまのブログを読ませてもらって、心を落ち着けようとしています。
    お互い、全力投球したいとい気持ちをしっかり持ちたいですね。

    1. どらさま、おはようございます。

      ボチボチと試験気分を高めようとしてはおりますが、まだ全力スイッチが入らずに困っていたところです。つついていただき、ありがとうございます。

      もう6月が終わりそうですねぇ。そして、7月に入ったら、すぐに試験です。
      前向きに、頑張りましょう!

  3. cimicoさん、こんにちは~!

    すごーく真剣に取り組んでおられるcimicoさん、いつもこちらへ伺うと「ヤバい、私もちゃんとやらねば(>_<)」という気持ちにさせられます。ありがとうございますm(__)m

    Eスク英語学は受講していないので内容がよくわからないのですが、とにかく自分で課題を探して何かに関連させて書くというようなことでしょうか? 大変ですよね、これを英語でやるのですから…
    でもでもcimicoさんなら絶対に大丈夫! 頑張ってくださいませ!

    私もここから試験勉強にしっかり向き合おうと思っています。(今頃かいというツッコミは有り難く頂戴します) 早く東洋史にさよならしたいと思いながらまだ中国史の古代から脱することができておりません(笑)

    1. 楼蘭さん、こんにちは!

       Eスク英語学の課題は、1&2ともに、世界の各地で使用されている英語の地域差(イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、インド英語、フィリピン英語、シンガポール英語、香港英語、日本英語などなど)を確認するような内容になっています。
       講義内容も同様に、World Englishes(←複数形になっているのがミソなんですって)について。英国に根付く英語と、例えばオーストラリア文化に根付いた英語はどんな風に違うのか、違ってきた理由は何か、英語で異文化間コミュニケーションを取る場合に知っておくべきコトは?、、、などなど、社会言語学的な知識と考え方を学ぶのが、井上先生の英語学です。同じ英語であっても、使用者の背景にある文化が違えば、あれやこれや違ってくるんですよーっ。英語を使って他者とコミュニケーションをしようとするならば、その点は押さえておきましょう、というコトを私は学びました(きちんと消化できているかどうかは、また別のハナシ)。
       ちなみに、テキストの英語学概論は、上で説明した内容のさらに表層部分にある「英語学ってこんな学問です」という概論的知識を学びます。地域ごとの英語の違い(←コレは井上英語学と少し被る内容)、英語の歴史、英語の音韻構造、語の構造、などをザッと。

      英文を読むのにかなり苦労するレベルの私ですのでかなり困難を伴っておりますが、それでも学習内容は面白いので何とか諦めないでやっております。
      楼蘭さんの力強い励ましを頂いたので、もっと頑張ります(`・ω・´)!

      試験が近づけば近づくほど、今学ぶべき課題以外の本を手に取りそうになってしまったり(隣の庭は青く見える現象)、ぼんやりと考え事をしてしまいそうになるのは(明らかな現実逃避)、子どもの頃からの私の悪癖です。なんとかこれを克服しなくてはっ!

      あと10日、私も気合を入れ直して臨みますっ
      ありがとうございました(`◇´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。